f:id:msk2q:20150806120715j:plain

働く男性でコーヒーが好きな方は多いのではないでしょうか?
眠気覚ましやリラックスした時間など、仕事中にも自宅でも沢山飲んでいるという方は多いですよね。

そして最近耳にするようになった、コーヒーは健康に良いという評判です。
毎日コーヒーが好きな方からすると、嬉しい効果ですが、実際にはどのような作用があるのでしょう?

身体に良くないイメージはもう古い?

コーヒーは一昔前だと、身体に良くないイメージを持っている方もいたかと思います。
よく聞くのがコーヒーに含まれるカフェインによる影響で眠れなくなる、または胃に良くないといったイメージです。

最近ではこのコーヒーが研究によって、健康に与えるリスクが上がるわけではないということが発表されてい、健康に良くないというイメージが払拭されはじめています。

コーヒーの健康に役立つ効果

  • 飲酒による肝臓の負担を軽減する
  • ガンの予防効果
  • 脂肪分解によるダイエット効果
  • 二日酔いの頭痛解消効果
  • コーヒーに含まれるカフェインの心を落ち着かせる効果

エイジングケア効果も期待できるコーヒー

コーヒーには身体の老化の元である酸化を抑えるポリフェノールの一種「クロロゲン」が含まれてることから、エイジングケア効果も期待できるとのこと。

ポリフェノールというと赤ワインが話題になりましたが、何気なく飲んでいるコーヒーにもこのポリフェノールが含まれている訳ですね。

コーヒーはブラックで飲む

f:id:msk2q:20150806121001j:plain

コーヒーが健康に役立つといってもすべてのコーヒーではなく、ブラックコーヒーでさらに砂糖やミルクなどが入っていないものということで、コンビニの缶コーヒーなどは逆に飲み過ぎると糖分の摂り過ぎとなりますので、注意が必要です。

コーヒーは身体に良いといっても適量を生活スタイルに合わせて飲むのが大切です。
目安は1日3杯くらい、好きな人でも4〜6杯くらいがおすすめです。

エイジングケアが気になる方は眠気覚ましのコーヒーをブラックコーヒーに変えてみると良いかも?