おはようございます。

昨夜は、宵空がまだ明るさを残す頃・・多少の晴れ間も

雪雲は頭上より、北にずれたまま次第に衰弱・・で、雪も降らず & 晴れもせず

ドンヨリ、僅かに南側に雲の隙間がのぞくほど

結局の処・・一晩中、晴れなかった訳で

貯金箱が空になってしまいました。

なので過去(フィルム時代、カメラは PENTAX MX)に撮影した彗星を。。

f:id:nyancotan:20160204070735j:plain

    ブラッドフィールド彗星 1987年11月09日 in 稚内 by smcPENTAX 50mm F1.4

※ 日本の最南東端の孤島(南鳥島)でハレー彗星を見た 1986 年の翌年、日本の最北端にある北海道稚内市で撮影したブラッドフィールド彗星です。50mmのレンズでも尾を引く彗星の姿がはっきりと判ります。稚内に暮らしていた頃(約30年前)は・・天体を撮影するのに沼川(ぬまかわ)という場所へ良く行っていました。稚内市の中心部から車だと 20分位でしょうか。そこは国道 40号線から脇道へ入り牧場の近くの道、辺りに外灯も無く、ほぼ真っ暗な場所でした。そこで人生初の驚いた事が起りました!!夏のある夜、撮影をしていると・・音も無く空を飛ぶ光る物体が現れ!?目の錯覚かと思いましたが、しばらくすると・・その数は段々と増えてゆき、気がつくと自分を取り囲むように四方八方を飛んでいます。えぇーUFO!?ではありません。なんと日本最北の地に「ホタル」がいたのです。人生初のホタルにビックリ!ただ写しているフレームに入り、怪しい光跡が・・。沼川は、そんな思いでのある場所です。今も飛んでいるのかなぁ~。。