本日、12月1日発売の『週刊プレイボーイNo.50』(12月15日号)で、座談会メンバーの末席に加えていただいた「全野球マンガから最強ベストナインを決める!! 水島マンガ編&プロ野球マンガ編」が掲載されております。

週刊プレイボーイNo.50 - 表紙&中吊り - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

 

4時間くらいの座談会になったのかな? もう、ただただ楽しかった……。

あまりの盛り上がりに、なんと2号連続掲載になるという奇跡。

というわけで、次週の週プレでも掲載されます。

 

今回、自分になぜお声がけいただけたかといえば、

やっぱりエキレビで水島漫画レビューを続けてきたから、かと勝手に解釈しています。

というわけで、過去にエキレビで掲載された水島漫画レビューを一挙振り返り


「ドカベン・ルール」で話題騒然甲子園、まだまだある水島新司の予言的展開 - エキレビ!(1/5)


『あぶさん』完結宣言で振り返る、景浦安武の野球人生 - エキレビ!(1/2)


100巻出版記念!『あぶさん』の39年間を振り返る - エキレビ!(1/5)


「ドカベン」連載40周年&水島新司誕生日記念! 水島ワールド今後の展開を予想してみた - エキレビ!(1/5)


リア充の翼、童貞の山田と一歩。どこで差が付いたのか。慢心、環境の違い。スポーツ漫画・あの主人公は今 - エキレビ!(1/5)

 

一番思い出深いのは、『「ドカベン・ルール」で話題騒然甲子園、まだまだある水島新司の予言的展開』かな。ちょうど福島の実家に帰省している最中に「ルールブックの盲点」事件が起こり、エキレビ編集部から「ドカベンが話題になってるから解説記事なんか書いて」と依頼が来たんだっけ。逆にいうと、実家にいたおかげでドカベンが手元にあり、すぐに書くことができた記事、ということもできる。

お盆休み中って普段はアクセス数伸びないのに、すごく伸びたからよく覚えている。

 

次に何か書くとしたら、やはり『ドカベン ドリームトーナメント篇』が終わったときなんだろうか……。